dog院長 横川 靖之(よこがわ やすゆき)
日本獣医生命科学大学卒
好きなもの:猫のゴロゴロ、犬のしっぽ

大学卒業後は、地域のホームドクターからCTなどの最新設備を整えた規模の大きい動物病院まで、幅広い現場で研鑽を積んできました。
この中で培った知識と経験を最大限に活かし、小さな家族の大切な命を生涯に渡ってサポートしていきたい、そんな想いから開業に至りました。
地域に根ざした動物病院をつくっていきたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。


副院長 横川 千種(よこがわ ちぐさ)
東京農工大学卒
好きなもの:猫のにおい、犬の肉球、娘のダンス

常に飼い主様と動物の立場に立って考えながら診療することを心がけ、健康を見守るパートナーとして信頼して頂けるよう努力して参ります。
少しでも不安を感じたり疑問に思ったことは、いつでもお申し付けください。

診療理念

大切な「家族の一員」としての暮らしを守れるように

「ペットを飼う」というよりも「共に暮らす」という考え方が広まって久しく、いまはそのような感覚が皆様に自然と根付いているように思います。
子供とも、兄弟とも、友達とも、なんとも形容し難いけれど、確かに家族の一員として、彼や彼女はいつもそばにいる。
私たちはそんな人と動物の「暮らし」を守るお手伝いをしたいと考えています。

病気やケガの治療においては、動物の生活の質を維持することを大切に考えた上で、しっかりとした説明とフォローを行ないます。
オーナー様にはできる限り安心して治療に関わっていただきたいからです。
もし必要となれば、二次診療施設や大学病院をご紹介し、連携して治療にあたります。

予防医療においては、ワクチンや食事のアドバイス、定期的な健康診断などに積極的に取り組みます。
健康な時にも動物病院の出来ることは沢山あります。
病気を未然に防ぎ、健康に暮らすための力になりたいと考えています。

また、ホームドクターである私たちのモットーとして「一にも二にも丁寧な問診と身体検査」があります。
これをおざなりにして、視診や触診で気づけるはずの小さいけれど実は大事な変化を見落としてしまわないよう、いつもいつも注意を払っています。
些細と感じるようなことでも、何でも、いつでもご相談いただければ幸いです。